愛知県犬山市の観光情報をお届けします。観光スポット、グルメ、宿泊など、役立つ情報満載です。ぜひ、犬山旅行の際にご活用ください。
犬山案内書
HOME » 犬山の観光スポット » 犬山寂光院へのアクセス・駐車場!紅葉と御朱印が人気

犬山寂光院へのアクセス・駐車場!紅葉と御朱印が人気


犬山寂光院

『犬山寂光院』は、愛知県犬山市の山奥にあるお寺です。

秋になると見事な紅葉を見られることから、別名「尾張のもみじでら」と呼ばれ、多くの参拝者がその絶景を楽しんでいます。



犬山寂光院の基本情報

「寂光院(じゃっこういん)」と言うと、平家物語ゆかりの寺院ということもあり、京都にある寂光院が有名ですが、愛知県にも同名の寺院があります。

それが、『犬山寂光院』です。

『犬山寂光院』は、真言宗智山派の寺院で、秋になると見事な紅葉を見られることから、別名「尾張のもみじでら」と呼ばれ、多くの参拝者や旅行者がその絶景を楽しんでいます。

名称寂光院(じゃっこういん)
住所愛知県犬山市継鹿尾山
電話0568-61-0035
参拝料無料

紅葉は、その年の気候にもよりますが、11月中旬から12月初旬が見頃です。

そして、『犬山寂光院』では、「千手大悲殿」「厄除不動」「良縁弁財天」の3つの御朱印をもらうこともできます。

ご希望の方は、寺務所で各300円をお納めください。

また、名刺サイズのお守りカードも販売しており、1,000円で購入できるほか、1,200円で郵送も可能です。

犬山寂光院へのアクセス・行き方(徒歩)

(1)犬山遊園駅東口(山側)の改札から出ます。

(2)東口改札を出て、そのまま北に向かって直進すると木曽川にぶつかるので、右折します。

徒歩の場合、参道まで1.7kmの道のりを歩かなければならず、途中、歩道がない場所や山道もあるので、それなりの覚悟が必要です。

(3)1.5km、ただひたすら直進すると、向かって右側に『犬山寂光院』へ続く歩道があるので、車に気を付けて道を渡り、この坂道を登ってください。

(4)坂道を160m登ると、『犬山寂光院』の参道に着きます。

ただし、この後、さらに登らなければなりません。



犬山寂光院へのアクセス・行き方(車・駐車場)

(1)車の場合は、まず犬山遊園駅まで行きます。

西口の改札口前の信号で、緩やかにカーブしている東側(駅側)に向かう道に侵入してください。

(2)そのまま、東に向かって1.7km走ると、向かって右側に『犬山寂光院』の看板と右に向かう道があるので、この道に進みます。

(3)290m走ると、『犬山寂光院』に到着します。

『犬山寂光院』の駐車場は何ヶ所かありますが、ほとんどがかなり離れているので、下のストリートビューの道をずっと進んだところにある一番近い駐車場がおすすめです。

ただし、紅葉狩りの季節は、かなり混雑することもあるので、その場合は、近い駐車場ほど駐車が困難になります。

犬山寂光院行きのバス

『犬山寂光院』へは、バスで行くことも可能です。

『岐阜バス』と『犬山市コミュニティバス 栗栖線』の2つがありますが、乗り場や時間が違うので、気を付けてください。

岐阜バス
【区間】 犬山遊園駅~寂光院
【運行日】 毎月5日、18日、大祭日(8月9日及び11月第2日曜日)
【運行時間】 平日は8時~12時の1時間におおよそ2本、土日祝は8時~15時の1時間におおよそ2本
【運賃】 大人:200円
犬山市コミュニティバス 栗栖線
【区間】 犬山駅東口~寂光院(一之門)
【運行日】 月曜日、火曜日、金曜日
【運行時間】 8時、9時、11時、13時、15時、16時に1本
【運賃】 大人:200円、小学生:100円、障害者手帳所持者と付添い1名まで:無料

上記は、行きの運行時間のみを表記していますが、帰りの本数も少ないです。

もし乗り遅れた場合、犬山遊園駅もしくは犬山駅まで徒歩で移動するか、タクシーを呼ぶしかありません。





関連記事

『入鹿池』は、愛知県犬山市にある人工の農業用ため池です。ブラックバス釣り、ワカ...


愛知県犬山市にある博物館『明治村』の料金・営業時間などについてお知らせします。...


国宝・犬山城の東には、『日本庭園・有楽苑』があり、その中には、国宝茶室である『...


愛知県犬山市の珍スポット『桃太郎神社』の宝物館やBBQ、アクセス、グルメなどに...


愛知県犬山市と岐阜県可児市にまたがる野外民族博物館『リトルワールド』の料金・営...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください