愛知県犬山市の観光情報をお届けします。観光スポット、グルメ、宿泊など、役立つ情報満載です。ぜひ、犬山旅行の際にご活用ください。
犬山案内書
HOME » 犬山城の情報 » 国宝犬山城の歴史・城主・住所

国宝犬山城の歴史・城主・住所


犬山城

愛知県犬山市のシンボルになっているのが、犬山城です。

日本に5つある国宝のお城のひとつでり、見た目も美しいため、犬山を訪れたら絶対に観たい観光スポットです。

そんな犬山城の基本情報をわかりやすく解説いたします。



犬山城の魅力

犬山城は、日本最古の木造天守閣を持つお城であり、姫路城(兵庫県)、松本城(長野県)、彦根城(滋賀県)、松江城(島根県)と同じく国宝に指定されています。

愛知県北部の小高い丘の上に建てられた平山城であり、木曽川を挟んで、対岸には岐阜県が広がっていますが、犬山城自体は天守の高さ19メートルと、かなり小さなお城です。

しかし、離れた場所から見ると、山の上に悠然と佇む犬山城と木曽川の景色が素晴らしく、その景色は一見の価値ありです。

もちろん、犬山城の天守閣からも広大な濃尾平野を一望でき、北には金華山の上に建つ岐阜城、南には小牧山の上に建つ小牧城を眺めることができます。

視力の良い方は、探してみてください。

本来ならば、小牧城の向こうに名古屋城も見えるはずですが、今は建物で見ることはできません。

代わりに、名古屋駅の高層ビル群を見ることができます。

犬山城の歴史

1469年、応仁の乱の真っただ中、織田広近が砦を造ったことに始まります。

1537年、その砦を、織田信長の叔父・織田信康が改修し、犬山城を建てました。

織田信康が、美濃の斎藤道三との戦いで討たれると、その子である織田信清が城主となりますが、信清は織田信長に反抗したため、攻められて甲斐に逃れることになります。

その後、犬山城は、数々の城主の手に渡りました。

その理由は立地であり、見晴らしが良い丘の上に建てられたので、強敵の襲来をいち早く察知し、無理をせず、すぐに白旗を振って降伏していたからです。

それ故に、城主が頻繁に変わり、さらに、小さなお城にもかかわらず、現在も当時の天守閣を維持しています。



犬山城の城主

複数の武将が城主となった犬山城ですが、元和3年に犬山藩初代藩主・成瀬正成が城主となり、それ以降、成瀬家が城主を継ぎました。

そして、1891年の濃尾地震で天守の付櫓(つけやぐら)が壊れると、1895年、修復を条件に、9代藩主・成瀬正肥(なるせまさみつ)に無償で譲渡されます。

これにより、犬山城は、日本で唯一の個人所有のお城となりました。

しかし、管理費用や相続税で、今後の維持が難しくなったため、2004年、城主であった成瀬淳子さんが『公益財団法人 犬山城白帝文庫』を設立し、犬山城や文化財はここに移管され、現在は、個人所有ではなくなっています。

犬山城の住所・電話番号・営業時間・定休日

犬山城の住所や営業時間などの情報は、次のとおりです。

犬山を旅行する際は、営業時間と定休日に気を付けてください。

名称犬山城(いぬやまじょう)
別名白帝城(はくていじょう)
住所愛知県犬山市犬山北古券65-2
電話番号0568-61-1711(犬山城管理事務所)
営業時間9:00~17:00
定休日12月29日~12月31日




関連記事

国宝犬山城への行き方を分かりやすく説明します。電車で犬山遊園駅まで行き、そこか...


国宝犬山城への行き方を分かりやすく説明します。電車で犬山駅まで行き、そこから徒...


国宝犬山城の天守から見た景色について説明します。岐阜県側には、木曽川と城址、岐...


「国宝犬山城を外からよく見える場所」「犬山城の写真撮影スポット」をご紹介します...


国宝犬山城の入場料についてご紹介します。他の観光スポットとのセット券なら、割引...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください