愛知県犬山市の観光情報をお届けします。観光スポット、グルメ、宿泊など、役立つ情報満載です。ぜひ、犬山旅行の際にご活用ください。
犬山案内書
HOME » 犬山の観光スポット » 犬山の桃太郎神社!宝物館・バーベキュー・キャンプ・アクセス

犬山の桃太郎神社!宝物館・バーベキュー・キャンプ・アクセス


桃太郎神社

観光で愛知県犬山市を訪れた際に、ぜひ訪れたいのが、『桃太郎神社』です。

テレビでも何度か紹介されているので、ご存知の方も多いのではないでしょうか?

珍スポットですが、観て損はありません。



桃太郎神社とは?

桃太郎と言えば、「桃から生まれた桃太郎が、きびだんごで犬・猿・キジをお供にし、鬼ヶ島に鬼退治に行く」という昔ばなしです。

日本で一番有名な昔話なので、ほぼすべての日本人が知っているでしょう。

この桃太郎伝説発祥の地とされる場所は、岡山県や山梨県など日本全国に数ヶ所ありますが、愛知県犬山市もその一つです。

桃太郎のお供に猿がおり、また、京都大学の研究所である『日本モンキーセンター』が近くにあるため、昔は、ニホンザルが放し飼いになっていました。

その後、猿は完全にフェンスの中に入れられて、料金を払って見学と落花生のエサやりができましたが、すでに全ての猿がモンキーセンターに移されているので、今は見ることができません。

私は何度か猿にエサやりしましたが、フェンスの間から手を伸ばすサルの小さな手がかわいかっただけに、残念です。

しかし、桃太郎神社は、今でもみどころいっぱいです。

名称桃太郎神社(ももたろうじんじゃ)
住所愛知県犬山市栗栖大平853
電話番号0568-61-1586
拝観料無料 ※宝物館は有料
駐車場無料駐車場200台

桃太郎神社の宝物館

桃太郎神社には、宝物館があり、『鬼の珍宝』など、桃太郎伝説の資料が展示されています。

以前は、『鬼の子のミイラ』や『鬼の頭蓋骨』も展示してありましたが、平成8年に火事で燃えてしまいました。

名称桃太郎神社 宝物館(ももたろうじんじゃ ほうもつかん)
入館料【大人】 200円、【小人】 100円

桃太郎神社のみどころ

コンクリート像
コンクリート像作家である浅野祥雲さんが作った桃太郎、犬、猿、キジ、鬼、おじいさん、おばあさんの像があちこちにあるので、一緒に写真を撮ると記念になります。特に人気なのが、「階段の途中にある桃太郎像」と「宝物館前にある四つん這いになった鬼の像」です。
おばあさんの洗濯岩
桃太郎の昔話は、「おばあさんは川へ洗濯に行きました」となっていますが、そのおばあさんの足跡が残った岩があります。
長命桃くぐり
桃太郎神社は、子供の守り神が祀られた神社です。階段の途中に、岩をくり抜いたトンネル状の『長命桃くぐり』があり、ここをくぐると、「こどもの発育・長寿・子授かり・安産」などのご利益があります。
桃太郎神社グルメの田楽
桃太郎神社内と道路を挟んだところに飲食店があります。甘い味噌味の豆腐田楽が桃太郎神社のグルメとなっているので、ぜひ、お召し上がりください。


桃太郎公園でバーベキュー・キャンプ

桃太郎神社の先に、芝生が広がる桃太郎公園があります。

昔はただの芝生の公園でしたが、今はバーベキューやキャンプを楽しめます。

名称桃太郎公園 栗栖園地(ももたろうこうえん くりすえんち)
料金【平日】 無料
【土日祝】 テント一張り500円
【20人以上】 協力金として1人1月100円
予約不要
受付犬山物産で行う
※『レストラン桃太郎』内にある
注意事項ガス式・ガソリン式コンロのみ使用可能
※炭・薪の使用は禁止

桃太郎神社へのアクセス(徒歩・車・タクシー)

桃太郎神社の地図

(1)犬山遊園駅東口(山側)の改札から出ます。

西口(交通量が多い道路側)の改札から出ると、少し遠回りしなければならないので、注意してください。

(2)犬山遊園駅を出たら、そのまま直進し、木曽川に出たところで右折します。

車で行く場合も、犬山遊園駅の北側の道に進んでください。

(3)木曽川沿いの道を直進すれば、桃太郎神社に到着します。

このルートの距離は2.5kmで、所要時間は35分です。

車であれば問題ありませんが、徒歩で行く場合は、往復だとかなりの距離になりますし、途中で歩道がない場所があるので、それなりの覚悟が必要でしょう。

一応、犬山遊園駅西口の改札から出ると、タクシーが客待ちしていることが多いですが、タクシーを使った場合、桃太郎神社でタクシーを拾えないので、滞在中ずっと待ってもらう必要があります。

桃太郎神社へのアクセス(バス)

桃太郎神社へは、『犬山市コミュニティバス』で行くこともできます。

名称犬山コミュニティバス
路線名来栖線(くるすせん)
運行日月曜日・火曜日・金曜日
※12月29日~1月4日は運行せず
便数1日5便
乗り場名鉄犬山駅東口など
料金【大人】 1日200円
【小学生】 1日100円
【障害者手帳所持者と付添い1名】 1日無料
※料金支払い時に、1日乗車券を受け取る

バスは、運行日が限られており、便数も少ないですが、料金が安いのが魅力です。





関連記事

愛知県犬山市にある博物館『明治村』の料金・営業時間などについてお知らせします。...


愛知県犬山市と岐阜県可児市にまたがる野外民族博物館『リトルワールド』の料金・営...


『犬山成田山』は、千葉県成田市にある成田山新勝寺の別院です。『犬山成田山』の時...


『犬山寂光院』は、真言宗智山派の寺院で、紅葉で有名なことから、別名「尾張のもみ...


国宝・犬山城の東には、『日本庭園・有楽苑』があり、その中には、国宝茶室である『...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください