愛知県犬山市の観光情報をお届けします。観光スポット、グルメ、宿泊など、役立つ情報満載です。ぜひ、犬山旅行の際にご活用ください。
犬山案内書
HOME » 犬山イベント » 『犬山花火大会2020』の日時・駐車場・電車・屋台・有料席

『犬山花火大会2020』の日時・駐車場・電車・屋台・有料席


犬山花火大会

犬山花火大会の正式名称は『日本ライン夏まつり納涼花火大会』と言い、愛知県犬山市と岐阜県各務原市の境を流れる木曽川で、毎年8月10日に開催される花火大会です。

8月1日~8月9日まで『木曽川ロングラン花火』が開催され、8月10日の犬山花火大会で締めくくられます。

木曽川の中央、船の上から約3000発の花火が打ち上げられるのが特徴で、国宝・犬山城をバックに、スターマインなどの花火が空を彩ります。

「豪快な花火」と「ライトアップされた犬山城」のコラボ風景をお楽しみください。

『犬山花火大会2020』の日時・アクセス・駐車場・電車・有料席などの情報をお知らせします。



『犬山花火大会2020』の場所と日時

『犬山花火大会2020』の基本情報は、次のとおりです。

名称犬山花火大会(日本ライン夏まつり納涼花火大会)
場所愛知県犬山市と岐阜県各務原市の境を流れる木曽川(ツインブリッジ下流)
日時8月10日の19:30~20:20
打ち上げ数約3000発
予想人出推定25万人
荒天の場合小雨決行、木曽川の増水時等は中止
※中止の場合は、数日間に渡りロングラン花火を実施


『犬山花火大会2020』の駐車場

『犬山花火大会2020』は、約25万人が訪れる花火大会であり、当日はかなりの混雑が予想されます。

また、木曽川周辺の道を中心に、夕方から花火が終わるまで交通規制がかかるので、車やバイクのご利用をおすすめしません。

一応、「犬山城の駐車場」で紹介している駐車場など、有料・無料の駐車場がいくつかありますが、すぐに満車になってしまうでしょう。

穴場の駐車場は、岐阜県側にある名鉄新鵜沼駅周辺の駐車場です。

タイムズ 新鵜沼駅前

名称タイムズ 新鵜沼駅前
住所岐阜県各務原市鵜沼南町5丁目120
駐車台数37台
料金【8:00~18:00】 60分200円
【18:00~8:00】 120分100円
※1日最大料金600円
営業時間24時間

名鉄協商パーキング 新鵜沼

名称名鉄協商パーキング 新鵜沼
住所岐阜県各務原市鵜沼南町5丁目107
駐車台数83台
料金30分100円
※1日最大料金600円
営業時間24時間

名城パーキング 鵜沼南町

名称名城パーキング 鵜沼南町
住所岐阜県各務原市鵜沼南町6丁目
駐車台数20台
料金1日500円
営業時間24時間

名鉄協商パーキング 新鵜沼第2

名称名鉄協商パーキング 新鵜沼第2
住所岐阜県各務原市鵜沼南町7丁目32番
駐車台数14台
料金30分100円
※1日最大料金500円
営業時間24時間

名鉄協商パーキング 新鵜沼第3

名称名鉄協商パーキング 新鵜沼第3
住所岐阜県各務原市鵜沼南町7丁目42番
駐車台数20台
料金30分100円
※1日最大料金500円
営業時間24時間

他に、JR鵜沼駅前にもコインパーキングがあります。



『犬山花火大会2020』の電車・最寄り駅

『犬山花火大会2020』は、愛知県犬山市と岐阜県各務原市の境を流れる木曽川の中央、船の上から打ち上げられるので、最寄り駅は、『名鉄犬山遊園駅』と『名鉄新鵜沼駅』のどちらかとなります。

愛知県側、岐阜県側、どちらから花火を見るかで、降りる駅を選ぶと良いでしょう。

以下のページも参考にしてください。

両駅間の距離は800mで、愛知県犬山市と岐阜県各務原市を繋ぐツインブリッジも250mと短いため、距離的には行き来可能ですが、花火の時間は混み合ってかなりの時間を要します。

なお、当日は、帰宅ラッシュに花火目的の観光客も加わり、朝のラッシュ時間を超える満員電車となるため、早めに行きましょう。

特に、名古屋から犬山方面への下り電車は混雑するので、16時前の電車に乗ることをお勧めします。

どうしても夕方の電車に乗らなければならない場合は、360円のミューチケット(特別車両券)を購入して座って行くことを検討してください。

『犬山花火大会2020』の屋台と有料席、穴場スポット

『犬山花火大会2020』は、愛知県犬山市と岐阜県各務原市の境を流れる木曽川で行われます。

どちら側からでも花火を見ることはできますが、次の特徴があるので、目的に合わせて選ぶと良いでしょう。

愛知県側
【花火】 花火と犬山城のコラボ風景を楽しむことが難しい。離れた場所から見にくい
【屋台・出店】 多い
【人出】 多い
岐阜県側
【花火】 花火と犬山城のコラボ風景を楽しむことができる。離れた場所からも見ることができる
【屋台・出店】 犬山側より少ない
【人出】 犬山側より少ない

花火目的なら岐阜県側、屋台・出店目的なら愛知県側がオススメです。

当日は、かなり混み合い、ツインブリッジは通行規制で立ち止まれず、下流のライン大橋は通行禁止となるので、簡単には犬山市と各務原市を行き来できません。

あらかじめ、計画して行きましょう。

近くで確実に花火を見たい方は、早めに場所取りするか、7月前半から1席1000円で事前販売される有料観覧席を購入してください。

花火を見る際の穴場スポットとして、遠くても良いのであれば、『各務原市民プール』周辺をおすすめしますが、田舎風景が広がり駐車スペースがないので、車をご利用の方は立ち止まって見られません。





関連記事

犬山城下町で毎年4月に行われる犬山祭について、日時・アクセス・駐車場・車山・か...


愛知県犬山市と岐阜県各務原市の境を流れる木曽川で、毎年8月に開催される『木曽川...


国宝・犬山城周辺にあるお花見スポットをご紹介します。1年に約1週間しか見られな...



コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください